花嫁と花婿を祝福する披露宴の演出

披露宴のマナーとして最も大切なことは、花嫁と花婿に喜んでもらうことではないでしょうか。結婚式の披露宴に招待されてただ座って食事を楽しむだけでなく、花嫁と花婿に喜んでもらうように演出してあげることが、披露宴に出席された多くの人にもきっと喜んでもらえるはずです。

そこでどのような披露宴の演出をすればよいか結構悩みますよね。悩んだあげくに何もしてあげらることなく披露宴がお開きとならないように注意しましょう。

披露宴に招待されて花嫁や花婿を喜ばせようと演出するときに一番注意して欲しいことは、時間ですね。結婚式での披露宴ではお色直しやキャンドルサービス、ケーキカット、両親への挨拶、両親から披露宴への出席者への挨拶などなど結構時間が制約されています。

もちろん事前に結婚式の披露宴で司会進行役の人がいるはずですから、花嫁と花婿を喜ばしてあげたいのでどの程度の時間をさいていただけるのか聞いておいてください。

どちらかと言うと、もう少し見たいとか聞きたいというところで終わるのが最高の披露宴での演出ではないでしょうか。

2〜5分程度で披露宴を盛り上げる演出を考えてあげるときに、花嫁と花婿が引き立つように工夫をしてあげてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。